大人気だった痩せる薬のリダックス

MENU

痩せる薬・リダックス

痩せる薬・リダックス

1997年11月、アメリカの厚生省にあたるFDAは、九ノル・ファーマシューティカルズ社の痩身薬「メリディア」の販売を許可しました。この薬はドイツのBASF社が1995年8月、アメリカのクノル・ファーマシューティカルズ社を通じて、FDAに販売許可を申請していたものです。

 

メリディアは従来の肥満治療薬よりも優れた性質を持ち、同社は市場での成功に自信を示していました。ヨーロッパではすでに1995年5月に販売許可を申請していました。

 

メリディアに前にアメリカで大フィーバーを巻き起こしたのは「リダックス」と言う痩せ薬でした。

 

これは1996年4月FDAが22年ぶりに肥満症の治療薬として認可した痩せ薬で、その成分の科学的名称はデキスフェンフルラミンと言います。商標名は国によってそれぞれ異なっていますが、アメリカ以外の大部分の国では「Isomeride」という商品名で知られています。

 

それまでにすでに世界の60か国以上で使われているという薬でした。ヨーロッパはそれにさかのぼること10年の間に1000万人が既にこの薬を使用していました。

 

これらの薬の基本的な作用は、服用すると脳を刺激して気持ちをしずめて落ち着かせ、満腹感を持続させというものです。

 

胃が炭水化物に富む食品を摂取すると、脳の神経細胞ニューロンにセロトニンを生産する信号を送ります。このセロトニン分子の一部は連接する神経細胞の受容器を刺激し満腹感を感じさせるのです。

 

リダックスの成分デキスフェンフルラミンは、子の作用を利用し、脳を神経細胞に多くのセロトニンを生産させ強い刺激を受けた受容器が満腹感を感じさせるのです。

 

つまり、リダックスはセロトニンに働きかけて食欲抑制する薬なのです。セロトニンの量が増加すれば、空腹感はあまり感じず、食べることに関心がなくなります。

 

特にストレスがたまってイライラしたり、心配事や悩み、深痛、欲求不満があったり気持ちが沈んでいる時の退職を抑えるのにとても効果的です。

 

また禁煙を始めた人が食欲を促進するのを抑え、体重増加を防ぎます。メリディアはリダックスの子の作用と似ていて、さらにその機能を強めた薬として登場しました。

 

リダックスは痩せ薬とっても薬局で誰もが変える派手ではなく、肥満が原因で糖尿病や高血圧などの医学問題を引き起こす可能性がある患者だけに処方が限られています。

 

所が処方がいしの受有になってからは、わずか数キロ痩せたいという人や、すでに十分痩せているのにほしいという人も飲みだしてしまっています。

 

だが、副作用やほかの病気を引き起こすリスクがありますので、FDAでは警告ラベルを貼ることを指示し、医師には処方すべき対象者のガイドラインを送って注意を促しています。

 

効果のほどはどうなのでしょう?食欲は抑えられ、一年間で体重の1割が減量できるといわれています。ただし、いくらこの薬を飲んで体重が減っても、一度飲むのをやめれば、食事制限を規則的な運動を続けていない限り、減った体重はすぐに戻ってしまうと言われています。

 

リダックスの体験談

 

リダックスの体験談

シェルダン・ルヴィアン博士は、痩せ薬リダックスが「真の原料革命をもたらした」として、これをリダックス革命と呼び、本をベストセラーにしました。

 

彼は「なぜ太っている人が食事制限をした後、実際に体重が増えるのだろう?」「食事の量がお言いわけでもないのに肥満でいるのはなぜか?」と問い、それが性科学的平均失調に起因すると答えています。

 

つまりこのような肥満症の人にとって、食事コントロールと運動こそがダイエットの決め手という伝統的な原料方法は、もはや実行できる治療法ではないと主張しているのです。

 

博士の書籍である「リダックスダイエット」にはこう書いてあります。

 

彼の伸長は189センチ、体重は112キロ、リンゴ型の肥満で、とても健康とは言いかねる体型をしていました。それを気にして毎日1時間もトレーニングをし、時折高たんぱく・低脂肪の食事療法を行いましたが、一向に体重に変化はありませんでした。

 

それで、彼は無理な体重作戦を注視して、頭を切り替えたところ27キロ、ウエストとも23センチ減らすことに成功しました。

 

実はこれはルヴァイン博士自身の経験なのです。こうして彼は減量に成功し、多くの人が彼と同じように立った数週間のうちに減量しているのです。

 

かつてルヴァイン博士は一日最低1箱以上のタバコを吸っていましたが、禁煙を始めました。

 

書き物などで頭が興奮し、たばこなしではできない仕事はやめました。肉体的・精神的な苦しみを味合わないように、帰宅してからはソファに静かに横になり、テレビを見るか、読書など式なことをして過ごすことにしました。

 

そしてタバコへの誘惑への恐怖からひたすら食べ続けました。結果は禁煙には成功したものの、すぐにお腹が脂肪で熱くなり、靴下をはくのも苦しくなりました。小さいときから痩せていて、足が棒のように細かったのに。

 

そこで97年2月エアロビクスのビデオテープを買ってきて、毎日最低20分は運動することを決意。一時流行したエアロビクスも、健康運動専門家が『それだけで派遣句的な体型は作れない』と認めはじめ、すっかり影を潜めてしまった。今ではダンベルなどの重量器具と組み合わせたエアロビクスが最も健康的な原料エクササイズとしてアメリカでは周流を締めています。

 

実は、私も原料と健康の関係で大きな勘違いをしていたのです。

 

体重が減ることだけが健康な体になると信じていた私は、ビデオの中に入っていた小冊子の写真を見て驚きました。

 

核磁気共鳴映像法による20歳と60歳の人の太ももの横断画像で、20歳の人の桃は筋肉が多く、周りの脂肪は薄かったが、60歳の人は筋肉が小さく減少し、その周りを驚くほど熱い脂肪がとり巻いていました。

 

減量だけが健康的な肉体を作ることの目安でないことがわかりショックを受けました。

 

結果、リダックス革命は脂肪を減少する計画にあっているように、自分の体を良く知り、新薬を有効に使うことによって永遠に減量を保つことができるとしています。

 

またルヴァイン博士は「自分の体質や遺伝を知ることで原料と健康の効果を最大限に得ることができる」と語っています。

 

細胞増殖型の人は普通の人より生まれた時から脂肪細胞の個数が多く、その後、脂肪細胞数が増加したり、脂肪細胞の大きさが増大したりします。

 

このような人は肥満の治療は難しいがリダックスが原料を助けてくれます。

 

これに反し手、歳増増大型の人は、中年太り、ビール腹など成人になってからの肥満で、このような人は肥満になっても脂肪細胞数は増加しない。脂肪細胞が大きくなるだけだから全書よりも原料は簡単です。